京都にある和食器の通販店wa's(ワズ)の shop情報や暮らしの あれこれを綴っています。

by simi

雑器の美「陶匠・濱田庄司 没後30年記念展」

万博記念公園の中にある大阪日本民芸館へ行ってきました.
e0135763_10405118.jpg

以前からこの建物の前は何度も通っていますが入るのははじめて.
e0135763_10411427.jpg

三角形の建物の真ん中には中庭があってなかなか素敵.この雰囲気だけでもうきうきとしてきます.
e0135763_10413122.jpg

この日の目的はこれ.
e0135763_10414778.jpg

日本の生活雑器を芸術にまで高めた民芸運動の先駆者 濱田庄司の没後30年記念展.
イギリスのスリップウェアや沖縄、朝鮮の陶磁器からの影響を多大にうけ、
益子で完成されたという濱田庄司の器.
印象的だったのは濱田庄司が得意とした「流掛(ながしがけ)」の大鉢でした.
e0135763_1042283.jpg

「白釉流掛大鉢 」 径58.0cm  1963年

館内で濱田庄司の実際の作業風景を撮影したビデオが流されていましたが
2尺もの大鉢に釉を流し描くその手さばきは「神業」.
その素早さを「15秒プラス60年」と濱田庄司自身が語ったというエピソードは
まさに言い得て妙だなあと、深く心に残りました.

現在、濱田庄司の作品は購入しようとすると目が飛び出るほど高額.
でもそのベースである「生活に役立つ良い工芸品」というテイストなら
日本各地の意外と身近なところにたくさん息づいていると思います.
う〜ん.いい展覧会でした.
e0135763_11373662.jpg

ミュージアムショップも楽しい.


にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

e0135763_1130367.jpg
[PR]
by was-living | 2008-10-26 11:57 | おでかけ